MENU

仙台で中古車売る時

仙台の車査定

仙台で自分の車を売る時には、少しでも愛車の売値をアップさせたいと思うはずです。

私の愛車は走行距離20万キロを超えた12年以上のった車です。
ディーラーなどで下取りでは査定がゼロで、地元の買取業者には逆に廃車にする費用を請求されました。
そんなわけでインターネットの一括査定に申し込んだところ3社から買取OKの返事をもらい、最高で5万円という査定額がつきました。
廃車にすることを覚悟していた車だったので、もちろんその値段で気持ちよく買取をしてもらいました。

 

でもどうして国内では廃車にするしかない車に値がついたのでしょうか?
買取業者さんの査定士が言うには、「走行距離が多すぎると仙台はもとより国内では需要がないのですが、車種にもよりますが海外では日本車が人気なので20万キロ前後の車でも十分に需要がある」とのことです。
多少の傷や凹みでも大丈夫だし、故障していても現地の人たちは修理して乗るから大丈夫なんだというようなことを話していました。

 

走行距離が多いから、エンジンの調子が悪いから査定額ゼロとディーラーや地元仙台の買取業者に言われても、諦めるのは早いですよ。
中古車の一括査定サービスを利用して複数の業者に見積を依頼してみれば思わぬ査定額がつく場合もあるのです。

 

中古車の一括査定を利用すれば愛車を一番高く売ることができるはずですので、チェックしてみましょう。

愛車を高額査定してくれる業者を見つける

仙台の中古車買取店

自分の車はどこに持っていても、買取金額はそれほど差がないはず?

とそんな風に思っていませんか?
各業者では、その車の相場を見ながら査定額を決めていくのは当然なのですが、それ以外にも様々要素がからんでプラスマイナスされていくので、結局査定額が仙台のどの業者でも違ってしまうという現象が起きてしまいます。
一応相場があるものの、実際は相場通りの査定になるということでもないのです。
なので複数の業者に愛車を見てもらい査定してもらって、一番条件がいい高く買い取ってもらえるところで売るのがベストの選択と言えますね。

 

でも地元仙台の車買取業者を調べて、その中からよさそうなところを何軒か選び、1件1件連絡したり直接店頭に行ったりして査定をしてもらうのは、かなり時間と労力が必要な作業になります。
そういった面倒で骨の折れる事柄を省いてくれるのが、インターネットの一括査定なんです。これは簡単な情報を入力するだけで一度に複数の業者から買取見積りをもらえるサービスです。
このサービスを利用して何軒条件のいい業者をピックアップして、その業者と交渉をして最終的に一番高い査定額を付けてくれた業者に買取してもらうことができます。

 

輸入車を売ってしまいたいという人なら、仙台市内に店舗がある買取り専門業者に持っていくのイイですが、それよりも輸入車販売店に持って行ったほうが査定が高くつく可能性が高いです。
輸入車は相場にばらつきあるので日本車専門の買取業者では正確な額を出すのが難しいので、どうしても低めの査定額になってしまう傾向があるんだそうです。
通常はインターネットの一括見積サイトを利用し、輸入車は輸入車を取り扱っている業者に持っていくのが愛車の高額査定を得るための必勝法と言えそうですね。

ちょっとして手入れが心がけで査定額アップします

仙台の査定士

仙台での車の相場は車種、年式、走行距離、装備品や修復歴など大体が決まってしまいます。

でもそれ以外にもちょっとしたことで思うぬ査定額アップや逆にまいなすにつながってしまいます。ここではそのちょっとしたことをお教えしますね。

 

まずはその車の走行距離です、4万9千キロと5万1千キロの車を査定に出すと、距離数の差2千キロ以上の査定額に差がついてしまうんです。
これは3万キロ、5万キロを境にして査定額が大きく変わってしまうという業界の常識になっています。
なので3万キロ以内か5万キロ以内に車を売りに出すのが、仙台で少しでも車を高く売るためのコツになります。

 

もう一つは日ごろの車の手入れも大切です。定期的にワックスがけをしたり内装も汚さないようにすることです。査定士が見れば普通の人がわからないような傷や汚れなどもすぐにわかってしまいます。
そういったところをよく見ている査定士であれば、程度が悪い車ということになってしまい、査定のマイナス要素になってしまいます。なので、自分の愛車は次に売りに出すことも考えながら丁寧に洗車や掃除などもマメにしておくことが大切なんですね。

 

装備品の中でも特にナビゲーションシステムは毎年のように新製品が出て技術進歩が著しいものです。ナビは査定でもあまり重要視されない傾向にあるので、純正品でない付け替えができるものであれば、取り外して次の車に使うことにして査定には入れない方が得になります。
それと以外にも12カ月点検などきちんと受けていることも査定の時にチェックされます。ここで査定士はこの車の状態をある程度把握しているのです。
なので毎回仙台のディーラーで点検整備を受けて記録簿がしっかりと付けられているときは査定額もアップされる対象にしている査定士さんもいるようです。
こういった小さなちょっとしたことを行っておけば、後々車を売ったり下取りに出したりするときに大きな査定額の差となって表れてくるのです。

 

買取店で高額査定を得るための交渉テクニック

あなたの交渉次第ではサラに買取査定額を上乗せさせることもできるんですよ。

 

そんなことは言っても、「わたしは口下手だし交渉事は苦手なんです、だから自分には無理です」
そんな風に思ってしまのも無理はありません。
相手は山千海千の車買取のプロだから余計にそう思ってしまうものです。

 

でもここで言う交渉テクニックというのはそんなに高度なものではなく、口下手でも恥ずかしがり屋さんでも車に詳しくなくても誰にでもできることなんです。

 

それでは説明していきます。
まずは第一に大切なことは、正直に話すことです。少しでも高く売るために嘘をつくのは、逆効果になります。
例えば、事故で修復歴があるのにないと偽ってみたり、査定士さんが見れば修復歴があるかないかすぐにわかってしまいます。実際に私も自分の愛車を査定士さんに見積をしてもらった時に、こちらから何も言わないのに、わかってしまいましたし、こちらが全く見えないような傷やへこみなども見つけて指摘されてしまいました。よく見るとホントに後部側が薄らと凹んでいたんです。
ウソをついていることがばれてしまえば、他にも何かあるのではないかと厳しくチェックされてしまい、結果的に査定額が下がってしまいます。

 

自分なりにその車のアピールをしましょう。アピールと言っても大げさなことを言うのではなく、毎回きちんと定期点検をディーラーで受けていたとか、オイル交換も5千キロごとに行っていたとか、メンテナンスをきちんと行ってきたことをさりげなく伝えおくことも必要です。
普段から長距離走行をメインに使っているのであれば、そのことも伝えておきましょう。街中でストップアンドゴーを繰り返している車よりは、長距離の移動に使われている車の方が比較的車の状態がいいものなんです。

 

また複数の店で見積もりをしてもらっているのであれば、はっきりと「○○店では○○万円で引き取ってくれる」ということで、あなたの車を買い取りたいのであれば、それ以上の査定額を出してくるのが普通です。

 

いくつかの簡単な交渉テクニックをお教えしましたが、ちょっとしたことですが、これらのことを行うことで買取査定額のアップを勝ち取ってください。

 

更新履歴