MENU

事故車は買取査定額が下がる

事故を起こしてしまった車は残念ながら買取査定額の大幅ダウンは否めません。
でも事故を起こしても修理をしていて、見た目は全然わからないくらいになっていたら査定にマイナスになることはないのでは?
そんな風に思うかもしれませんが、しかし一度事故を起こしてしまった車はたとえ修理をしていたとしても事故車であることには変わりはなく査定額はその分マイナスされてしまうのです。
「黙っていればバレない」そんな風に考えるかもしれませんが、査定士はその道のプロですから事故車であることは見ればわかってしまいますから、ごまかしは通用しないと思っていた方が良いでしょう、むしろ嘘言っていることが分かってしまえば、査定全体に影響を及ぼしてしまい通常よりもマイナス査定になってしまうことだってあるのです。
ですから車の買取査定の際には査定士さんにすべて正直に伝えておくのが鉄則です。
事故で車が凹んだり、キズが付いた……、それが全部事故車になるものではありません。事故車の定義の中に「車の骨格部分に損傷・欠陥が無ければ事故車とみなされない」という基準があります。
例えば、フロントフェンダーやバンパーを交換したり修理したりしても事故車修復歴有の車とはなりません。
ですから自分では事故車だと思っていても実際はそうではないこともあるのです。

 

事故車だと査定額どのくらいダウンになる

買取業者により違ってくるのではっきりしたことは言うことはできませんが、半分以下になってしまうという声もあるようです。
最近では事故車専門の買取業者も見られるようになってきたので、事故車専門の買取業者であれば他の買取業者よりも高く買い取りをしてくれるケースが多くなるでしょう。

 

ボディの傷は査定の前に 治す 治さない

愛車を査定に出す前に、ボディにある細かな傷はどうしたらよいのか、そのままにして査定してもらえば買取額がダウンになるのでないか。
そんな心配をしている方もいるかもしれませんね。
一般的にどの買取業者でも細かい小さい傷は車の買取査定額に大きな影響なく、それが原因でかなりの査定額がダウンするということはないそうです。
コンパウンドなどで磨けば消えるような傷であれば、マイナス査定になることはほとんどないです。
査定をする前に自分でタッチペンなどで自分でキズを修理しようとしたりすれば逆に目立ってしまうこともありますし、コンパウンドを使ってキズを消そうとして逆に傷をつけてしまったり色むらが出てしまったりといった失敗をしてしまうことも結構あるので、よほど自信があるという人でなければ自己流での補修はせずにそのままの状態で査定に出すのが良いようです。

 

キズの中でも修理しなければならないような傷やへこみであれば、例えば、キズがある場所や傷の深さと大きさ、塗料の質などによっても査定額のダウンの影響は違ってきますのでその修理かかる費用などを計算してマイナス査定になるかどうかは判断されます。
パールホワイトなどは他のカラーよりも塗装費用が割高になるので多少マイナス幅が大きくなる可能性があります。

 

ある程度の距離や年月を乗っていれば、どうしてもボディに傷がついてしまうのは当然のことですから、一つ一つの傷を細かくチェックしてマイナス査定にするわけではなく多くの査定士さんは車全体をチェックして総合的に評価して査定額を決めていることも多いので、細かい傷は気にせずに査定に出すことが良いと思います。