MENU

車のボディカラーと査定の関連性

新車を購入する時には次に売るときのことも考えてボディカラーを選ぶとよいと言われたり、聞いたりしたことがある人もいるかもしれません。
実はボディーカラーは車を売る際の査定にも多少影響を与えるものなのです。
一般的に白、黒、パールホワイトはどの車でも好まれているカラーですから、この3つのカラーであれば査定額がマイナスされるということはなさそうです。
でも、若者向けの車やスポーツタイプの車には赤や黄色、緑などの原色で派手目のカラーが人気のものありますから、そのような車は人気のカラーが査定額アップにつながるケースが多いようです。
ボディカラーがどの程度査定額に影響を及ぼしているのかは定かではありませんが、ある査定士さんの話では、人気色と人気のない色で軽自動車なら数万円、200万円以上するような車なら10万円以上の差になるとのことです。
たかがボディカラーとは言ってられませんね。
これから購入する車をゆくゆくは下取りや売却することを考えているなら、その車種の人気色を選んだり、そうでなければ白、黒、パールホワイトというような一般的に無難なカラーにすることが良いのかもしれませんね。

 

ワンポイントアドバイス

車の販売店においてあるカタログに表紙に掲載しているカラーの車は、その車種の人気カラーですからそのボディカラーのものを購入するのがおすすめです。

 

 

自分で後から付けたパーツは査定にプラスされる

下取りや買取査定で評価されて査定のアップにつながるのは、後から付けた社外パーツではなく購入時についていたメーカー純正のパーツです。
社外パーツは査定額をアップさせることはほとんどありません、いくら高価なものであってもそれに見合うほどの金額の査定アップは見込めないのです。
むしろマイナスになってしまうことすらあるようです。
パーツは人それぞれに好みが違っていますから、自分が気に入って後付けしたパーツであっても他の人から見ると気に入らないと思うことも多々あるものです。
中古車販売店では不特定多数の人に販売するものですから、購入者それぞれの好みに影響を受けない純正パーツの評価がどうしても高くなってくるのです。
ですが中古車販売店の中ではドレスアップカーをメインに販売している店もあります、そういったところであれば社外パーツも査定で評価されることがありますから、いろいろな買取業者をあたって見積もりを取ることも必要になるでしょう。
純正パーツから社外パーツに交換している場合、純正パーツは捨てたりせずに必ず保管しておくようにしてください。
社外パーツを取り付けのために車を加工などしていない限り査定の際に純正パーツがあれば査定額をダウンされることはないでしょう。

 

車売る場合社外パーツの扱い方は

まずはそのままの状態で車と一緒に査定してもらう、
社外パーツを取り外して純正パーツと交換して社外パーツはパーツショップで売る
ヤフーオークションなどで売る
次の購入する車に取り付けて使う
このような処理の仕方が思いつきますが、どれが一番いいかということは言えませんので、個々の状況に合わせて対応していきましょう。